読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで安心!浮気調査で悪徳探偵事務所に騙されない為に…

f:id:detective_tokyo:20170121110600p:plain

興信所や探偵はトラブルが絶えない業種です。

特に多いトラブルは、「証拠となり得る調査報告が受け取れない」「調査料金が高すぎる」「しっかり対応をしてくれないので解約をしようとしたところ、高額な解約料を請求された」といったものです。

この問題は行政でも重くみており、各都道府県のホームページでも注意喚起がされているほどです。

探偵は、特に免許などを取らなくても営業できる業種です。

探偵業の開業を届け出れば「探偵業届出証明書」の交付を受けられますし、もっといえば「探偵業届出証明書」を持っていなくても探偵を名乗って業務が行えてしまうのです。

このため、行動調査のスキルが低い探偵や、面談時に契約内容をしっかりせず、契約後に不誠実な対応をしてトラブルになる探偵、それを理由に解約しようとしても、既に浮気調査に着手しているからといった理由で数十万円の違約金を請求してくるような探偵社が後を絶ちません。(詳しくは→探偵業の業務の適正化に関する法律

低料金でもしっかり浮気調査を行ってくれる探偵事務所と悪徳な探偵事務所の見分け方を書いてみたいと思います。

 

面談や契約は必ずオフィスで!

悪徳な探偵の中には、自社で面談室を持たなかったり、場合によっては事務所実態すらない(レンタルオフィスで営業している)探偵も存在します。こういった探偵事務所は、何かしらのトラブルになる可能性が大です!面談や契約はかならず探偵事務所のオフィスで行うようにしましょう!

但し、遠方の方の出張面談に限っては、ファミレスや喫茶店で面談することもよくあることです。この場合は特に気にしなくて大丈夫ですが、最低限事務所の実態があることはちゃんと確認したほうが良いです。

 

探偵業届出証明書の交付を受けていること!

探偵業届出証明書の交付を受けていなくても探偵業を営むことはできますが、普通の探偵であれば探偵業届出証明書を持っています。逆にいうと、これを持っていない場合は探偵業法に違反するような違法、または違法スレスレの営業を行っている可能性があります。

通常探偵業届出証明書の交付を受けていれば、ホームページや事務所の目立つところに掲示されていると思いますので、しっかり確認しましょう。(という意味でも、面談や契約はオフィスでした方が良いです)

 

全国対応だけど、拠点をチェック!

日本全国で浮気調査が行えることを「全国対応」と言いますが、全国対応であっても「調査地点に拠点があるか」が大変重要です!

 

例)同じ「全国対応」でも…
調査地点が茨城、探偵の拠点は東京=×
調査地点が茨城、探偵の拠点も茨城=

 

調査地点と拠点が近い場合、探偵は出張する必要がありません。従って料金が安く済みます。(中には調査地点と拠点が近くなくても「出張料無料」を謳う探偵もいますが、結局見積書に「出張料」が無いだけで、他の項目に加算されています)

それと、調査地点と拠点が近い場合、地元に土地勘があることや、突発的に追加の調査員が必要になった場合にすぐに対応できることなどから、浮気調査に成功する確率が高くなります。

 

女性探偵の在籍。経理スタッフではないですよ

これは地味に要注意ポイントです!

たとえば、雰囲気のあるバーやカフェ、ラブホテル街を、いかつい男性が二人で歩いていたらどう思いますか?ちょっと不審な感じがしませんか?

大手の探偵事務所は、こういった場合に怪しまれないよう、男女のペアでチームを組んで浮気調査を行うことが多いです。

少し考えれば当たり前のことですが、悪徳探偵事務所は人件費をケチったり、そもそも在籍する探偵が少ないという事もあり、男性二人で尾行といったことを平気でやります。(場合によっては一人で尾行することも…これは本当に極悪です)

 

契約日数と追加料金の契約文言が怪しい

まともな契約書を提出してこないような極悪な探偵は要注意!

中には、見積書に手書きで条件等を記載して契約書のかわりにするような超ブラックな探偵も居るようです。こういう探偵事務所は契約自体が曖昧で、言った言わないのトラブルに発展することが多いです。

最低でも契約日数と人数、その料金、何が料金に含まれていて、何が料金に含まれていない(追加料金が発生する可能性がある)のかをチェックして、正式な契約書の形で契約を交わしましょう。

 

成功報酬制度の定義が曖昧

これは悪徳探偵事務所ばかりでなく、普通の探偵事務所との契約にもいえることですが、「成功」とは何なのかをしっかり確認することが大事です。

依頼者の多くは「浮気の証拠が取れたら成功」と考えるでしょうが、探偵が言う「成功」は「尾行、行動調査が発覚することなく最後まで尾行が終われば成功」であることが多いです。

つまり、対象者が浮気をしなかったら「証拠が取れなくても成功」となり、費用が発生するのです。これは、当たり前といえば当たり前の話ですが、齟齬が無いよう、しっかりと確認することが大事です。

 

探偵に浮気調査を依頼する場合、どこに依頼してもそれなりに高額な契約になります。安い探偵事務所で最低限の調査を行ったとしても、20~30万円は必ずかかります。(逆にこれより安かったら、それはそれで怪しいです)

悪徳な探偵に騙されないようご注意ください!